Medical Checkup

人生プランを設計する上でガン保険に入る事も大切だと思いますが、
定期検診や検査をしたりする事はもっと大切だと思います。

1.「肝臓ガン」になる原因の90%以上は「肝炎ウィルス」で早期発見して対処すれば

防げるガンだそうです。無料の検診がほとんどですので、

以下の「肝炎ウィルス検査マップ」でお近くの検査施設を探してみてください。

2.「胃ガン」になる原因の98%は「ピロリ菌」で早期発見して対処すれば防げるガンだそうです。ご自宅で簡単に検査が出来るキットが販売されていますので、ご活用してみてください。

3.1年に1回の健康診断ではがんの早期発見は出来ません、1年に1回のご自宅で簡単な検査をする事で健康診断との間隔を半年に短かくする事が出来ます。 

4.コロナ禍では健康診断で病院にいく事に気が引けますよね、そんな方は自宅で健康診断です。これまで血液検査といえば、病院において医師や看護師が行うのが常識で、一度にかなり大量の血液(約10ml)を必要としていました。 しかしデメカル血液検査セットは、自宅にて指先のわずか血液(0.065ml)で検査が出来ます。

がん・心疾患・脳血管疾患など生活習慣病とされる疾患は、日本人の死亡原因の約6割を占めます。また、国民病ともいわれる糖尿病は、成人の6人に1人が予備軍とみられ、その人数は年々増加しています。糖尿病は脳卒中、急性心筋梗塞など、命にかかわる病の重要な危険因子。さらに合併症も心配されます。定期的な血液検査で、健康への「気づき」が得られます。健康チェックで、早めの生活改善を心がけましょう。 

5.「国内未承認の抗がん剤」の発達はすごい物があります。小野薬品の「オプジーボ」もその一つで全てガンに対して「公的医療保険対象」になっていません、このような抗がん剤を使用したい方は対応しているがん保険を選択する必要があります。
オプジーボとは?  

6.がんは、遺伝子の変化によって引き起こされる病気です。効果的に治療するには遺伝子の変化に合わせて投薬していくことが重要ですが、京都大学医学部付属病院の遺伝子検査「オンコプライム」を受けることで遺伝子の変化をを解析し、適した薬剤で治療していくことが可能となりました。診断結果から推奨される薬剤は国内未承認のものが含まれています。

オンコプライムとは?

7.従来のがん治療とは異なるがんの治療法も近年研究が進んでいます。中でも「光免疫療法」は、がん治療が日帰り入院で済んでしまう可能性がある等、医療のイノベーションになるとも言われており注目を浴びています。がん治療は常に進歩していくので、それに合わせて保険も柔軟に選択することが大切になっていくと予想されます。

光免疫療法とは?

8.「歯周病は万病のもと」と言われています。心筋梗塞、糖尿病、うつ病など大病につながってくる可能性があります。 半年に1度は歯科医院に受診して「歯石」を除去して歯周ポケットから歯周病菌を取り除きましょう。

logo.gif

9.がんの早期発見は「超簡単・超安価」まであと1歩!!

 

島津製作所は血液に含まれるアミノ酸や脂肪酸など8種類の物質を測定し、物質が一定量を超えた場合、9割の確率でがんの可能性が高いと判断できるという。測定後、精密検査を促す。内視鏡を使うがん検査などにくらべて利用者への負担が軽いとされる。将来は全国展開をはかる。

 

日立製作所は尿に含まれるアミノ酸や脂質といった代謝物質約4000種類の中からがんの目印となる物質を数種類抽出して分析する。特徴の違いでがんの可能性を検出する。乳がん、大腸がん、胆道がんなどを見分ける技術を開発しており、実証実験では検体の搬送方法やコストを確かめる。2020年代初めの実用化を目指す。

 

東レは血液から13種類のがんを同時に見つける検査薬を開発し、20年をメドに発売する。血液中に分泌する核酸を特殊なチップで見いだし、異常を調べる。必要な血液は1滴で済み、乳がんなどの可能性を95%以上の確率で検出できる。

 

富士フイルムが開発するソフトウエアでは、コンピューター断層撮影装置(CT)で撮影した輪切りの画像を3次元に加工し、人工知能(AI)で分析。臓器の形から肺がんなどの発見につなげる。医師の目では見つけにくい小さながんを発見できる可能性がある。国などの承認を得て19年度の実用化を目指す。

 

NECは内視鏡の映像を処理し、がんを検出する技術を開発。19年度に臨床試験を始める。AIを使う顔認証技術を応用し、見た目の特徴からがんを検出する。オリンパスは開発中の内視鏡の新製品にAIを活用した病気の診断支援技術などを搭載する見込みだ。

 

「日経新聞2018/9/20 朝刊より引用」

10.HPVワクチン 男性接種を厚生労働相が承認

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を防ぐとして、日本では女性のみが接種対象として承認されてきたHPVワクチン。このワクチンについて、厚生労働省は12月25日、男性接種と肛門がんへの適応拡大を承認した。

HPVは男性もかかる中咽頭がん、肛門がん、陰茎がんなどの原因ともなり、異性間、同性間は問わず、性的な行為でうつし合うことがわかっている。

news_r_34_2x.png

11.頭頚部癌を治療する世界初の光免疫療法用薬が使用可能に

2020年11月18日、抗悪性腫瘍薬セツキシマブ サロタロカンナトリウム(商品名アキャルックス点滴静注250mg)が薬価収載された。

適応は「切除不能な局所進行または局所再発の頭頚部癌」、用法用量は「成人、1日1回640mg/m2(体表面積)を2時間以上かけて点滴静注。点滴静注終了20~28時間後にレーザ光を病巣部位に照射」となっている。

logo-doctor.png

12.手術、抗がん剤、放射線、免疫治療薬に続く「第五のがん治療」と言われる「光免疫療法」が世界に先駆け、日本で実用化される。

光免疫療法とは、特殊な化学物質をがん細胞に集積させ、その物質に光を当てることでがん細胞だけを壊死させる、まったく新しい治療法だ。「11」のアキャルックスとの組み合わせで使う医療機器レーザー装置の「バイオブレードレーザシステム」は9月2日に承認を取得している。実は光免疫療法は今回異例のスピードで承認された。その条件として、今後有効性や安全性に関するデータを報告することが課せられている、いわば"仮免許"の状態。1例目の手術は特に重要な意味を持つ。その1例目の手術が行われ、「ガイアの夜明け」で特集されました。

13.一滴の尿から15種類のがんリスクを高精度に判定 「N-NOSE」

「N-NOSE」(エヌノーズ)は、嗅覚に優れた線虫が、がんの匂いに引き寄せられることを利用した検査です。 生物の能力を活用したこの新しい検査は、 「簡便」「安価」「高精度」「早期発見が可能」「苦痛がない」「全身網羅」と6つの特徴を備えています。
機械では測れない微かな匂いを検知するため、たった一滴の尿で判定が可能です。現在15種類のがんに反応することの確認が取れているので、がんの心配がないうちから定期的に受けておけば 万が一、がんが見つかっても、早期治療ができるので、 心身の負担・経済的な負担が減らせます。

14.「CRISPR」によりがんと闘う免疫細胞を作り出すことに成功

CRISPR/Cas9と呼ばれる遺伝子編集技術によって、腫瘍を攻撃する“デザイナー”免疫細胞を作り出すことに成功したとする研究結果を、米ペンシルベニア大学のCarl June氏らが「Science」2月6日オンライン版で報告した。米国でCRISPR/Cas9による遺伝子編集技術をヒトで試した初めての研究で、June 氏らは「がん治療でのCRISPR/Cas9利用に向けた第一歩」としている。

スクリーンショット 2021-06-14 180647.jpg

15.がん患者の10年生存率60・2%、0・8ポイント上昇

早期発見がとても大切なのがわかる生存率表が掲載されています。年2回の検査が大切なのが良くわかる表だと思います。

スクリーンショット 2022-01-13 131549.jpg