Medical Checkup

人生プランを設計する上でガン保険に入る事も大切だと思いますが、
定期検診や検査をしたりする事はもっと大切だと思います。

1.「肝臓ガン」になる原因の90%以上は「肝炎ウィルス」で早期発見して対処すれば

防げるガンだそうです。無料の検診がほとんどですので、

以下の「肝炎ウィルス検査マップ」でお近くの検査施設を探してみてください。

2.「胃ガン」になる原因の98%は「ピロリ菌」で早期発見して対処すれば防げるガンだそうです。ご自宅で簡単に検査が出来るキットが販売されていますので、ご活用してみてください。

3.1年に1回の健康診断ではがんの早期発見は出来ません、1年に1回のご自宅で簡単な検査をする事で健康診断との間隔を半年に短かくする事が出来ます。 

4.「国内未承認の抗がん剤」の発達はすごい物があります。小野薬品の「オプジーボ」もその一つで全てガンに対して「公的医療保険対象」になっていません、このような抗がん剤を使用したい方は対応しているがん保険を選択する必要があります。
オプジーボとは?  

5.がんは、遺伝子の変化によって引き起こされる病気です。効果的に治療するには遺伝子の変化に合わせて投薬していくことが重要ですが、京都大学医学部付属病院の遺伝子検査「オンコプライム」を受けることで遺伝子の変化をを解析し、適した薬剤で治療していくことが可能となりました。診断結果から推奨される薬剤は国内未承認のものが含まれています。

オンコプライムとは?

6.従来のがん治療とは異なるがんの治療法も近年研究が進んでいます。中でも「光免疫療法」は、がん治療が日帰り入院で済んでしまう可能性がある等、医療のイノベーションになるとも言われており注目を浴びています。がん治療は常に進歩していくので、それに合わせて保険も柔軟に選択することが大切になっていくと予想されます。

光免疫療法とは?

7.「歯周病は万病のもと」と言われています。心筋梗塞、糖尿病、うつ病など大病につながってくる可能性があります。 半年に1度は歯科医院に受診して「歯石」を除去して歯周ポケットから歯周病菌を取り除きましょう。

logo.gif

8.がんの早期発見は「超簡単・超安価」まであと1歩!!

 

島津製作所は血液に含まれるアミノ酸や脂肪酸など8種類の物質を測定し、物質が一定量を超えた場合、9割の確率でがんの可能性が高いと判断できるという。測定後、精密検査を促す。内視鏡を使うがん検査などにくらべて利用者への負担が軽いとされる。将来は全国展開をはかる。

 

日立製作所は尿に含まれるアミノ酸や脂質といった代謝物質約4000種類の中からがんの目印となる物質を数種類抽出して分析する。特徴の違いでがんの可能性を検出する。乳がん、大腸がん、胆道がんなどを見分ける技術を開発しており、実証実験では検体の搬送方法やコストを確かめる。2020年代初めの実用化を目指す。

 

東レは血液から13種類のがんを同時に見つける検査薬を開発し、20年をメドに発売する。血液中に分泌する核酸を特殊なチップで見いだし、異常を調べる。必要な血液は1滴で済み、乳がんなどの可能性を95%以上の確率で検出できる。

 

富士フイルムが開発するソフトウエアでは、コンピューター断層撮影装置(CT)で撮影した輪切りの画像を3次元に加工し、人工知能(AI)で分析。臓器の形から肺がんなどの発見につなげる。医師の目では見つけにくい小さながんを発見できる可能性がある。国などの承認を得て19年度の実用化を目指す。

 

NECは内視鏡の映像を処理し、がんを検出する技術を開発。19年度に臨床試験を始める。AIを使う顔認証技術を応用し、見た目の特徴からがんを検出する。オリンパスは開発中の内視鏡の新製品にAIを活用した病気の診断支援技術などを搭載する見込みだ。

 

「日経新聞2018/9/20 朝刊より引用」

ADDRESS

2-23-1-418 Yoyogi, Shibuya-ku,

Tokyo 151-0053, Japan

CONTACT

TEL: 03-6276-1198  FAX: 03-6276-1243

Email: info@tcj-g.co.jp

Copyright 2017 TCJ, Ltd. | All Rights Reserved. | Powered by BCC Inc.